不動産知識

素人目線の不動産知識<アパート・一軒家・防犯>

Archive for ‘5月, 2015

勝手口の近くに収納を・・・

  • 水曜日 5月 20,2015 11:07 AM
  • By 恵理
  • In 住宅

住まいを新築する時、生活動線や家事動線を考えて、間取りや収納を決めていきます。しかし、それだけでは、快適な住まいを作り上げていくことができませんし、住まいの中をすっきりと片付けることができません。
収納はそのモノを使うためにするものです。
モノの出し入れのストレスが軽ければ軽いほど、収納の負担が軽減しますから、住まいの中はすっきり片付いていきます。そのモノの出し入れが難しければ、死蔵してしまうか、出し放しになってしまいます。収納動線を考えた上で、収納場所や収納スペースの広さを決めていくことが大切です。

私の先輩が住まいを新築した時、玄関土間をかなり広く取りました。
その玄関土間の一部を間仕切りして、南側には納戸を作り、北側にシューズクロゼットを作りました。
納戸を広く取ったのは、アウトドアグッズの収納をしたかったからです。
キャンプ道具、寝袋だけでなく、釣り道具やサイクリング用のバイクも収納するようにしました。
この納戸があるお陰で、行こうと思った時に、準備も簡単ですし、疲れて帰ってきても、すぐ片付けることができると思っていました。

しかし、実際に生活を始めると、駐車スペースからわざわざ玄関へ回って、そこの納戸へ収納するのよりも、駐車スペースの近くにある勝手口の方がかなり動線も短くなります。
どうしても、アウトドアグッズは重く、嵩張りますし、自家用車を使いますから、勝手口近くに納戸を設けた方が便利です。

駐車スペースの近くには、ゴミを分別して、一時保管しておく場所もつくりましたので、勝手口の近くに納戸を作れば、ゴミ袋、ビニール袋、ガムテープ、ビニール紐なども収納することができます。
洗車の道具などもまとめて収納することができます。

玄関には、シューズクロゼットだけで十分でした。納戸の位置やその広さについては、もう少し、実際の動線を考えて、作れば良かったと反省しています。

  • コメントは受け付けていません。
  • 和室のあり方を考える

    • 月曜日 5月 4,2015 01:29 PM
    • By 恵理
    • In 住宅

    和室を客間として考える人は少なくなってきました。
    自分の生活を見返してもリビングではなく客間に人を迎える機会はほとんどなくなってきました。
    このことを考えると和室は客間としてではなく、自分達の暮らしの中に自然と馴染む和室が求められていると思います。

    また純和風の住宅は数を少なくし、洋風やモダンな住宅が増えてきました。洋風やモダンな住宅にも和室が違和感なく溶け込めるようにしておきたいものです。
    人気のスタイルとしてリビングの延長上に和室を設けたり、LDKと隣接した和室を設けています。
    洋風のリビングと和室を自然に繋ぐには小上がりの和室にして緩やかにゾーニングしたり、床から浮かせた吊り押入れにしたり、床の間を現代風の和のオシャレな空間にするのもいいでしょう。
    従来のような客間を思わせる和室ではなく、暮らしに密接した使い勝手のいい和室にしたいと私は思います。

    そんな我が家も新築住宅を建てることになり、間取りを考えています。リビングの延長上に和室を設けます。
    この和室はリビングと繋がっていますし、またウッドデッキへとも繋がっています。リビングから庭に向かいウッドデッキを設ける予定です。
    ウッドデッキを中心にリビングと和室を繋いでいる形は家族の繋がりをより感じられる家になりそうだと思います。
    我が家のように家族の繋がりを住宅に求める人は多いと思います。
    和室のあり方もこれからますます重要になってくると思います。
    和室の居心地の良さはフローリングにはないだけに和室の大事にしたいものです。

  • コメントは受け付けていません。
  • Your Ads Here
    Promote your products