不動産知識

素人目線の不動産知識<アパート・一軒家・防犯>

Archive for ‘3月, 2017

和室

  • 木曜日 3月 9,2017 10:24 AM
  • By 恵理
  • In 住宅

日本人であるならば和室の居心地の良さは言うまでもありません。しかし、住宅の洋風化が進み、和室が数を少なくしているのも事実です。和室は、一日の疲れを癒してくれ、ゴロンと横になってくつろぐには最適の空間です。子どもが遊ぶスペースとしてもいいのです。おもちゃを落としても音が響くこともありませんし、歩きはじめた子どもがこけても畳なら痛くありません。

居心地のいい和室をさらに快適な空間にするには、音や視線を遮る工夫も忘れてはいけません。隣家を考慮して窓の高さを変えて気になる視線をカットすることでプライバシーを確保でき、快適な空間が広がります。最近ではリビング延長型の和室が設けられることも多いのですが、和室をいざという時は個室としても利用できるように建具でしきれるようにしておくことで、和室の利用の幅が広がりますし、リビングからのテレビの音や喋り声も気にならなくなります。

リビングをより広く見せるために、リビングを20帖以上広めに設け、その一角を和室コーナーとしたり、リビングの延長線上に和室を設けたり、リビングと和室が繋がる間取りにする家庭が増えているのです。和室にまで視線が繋がることで和室で子どもが遊んだり、昼寝をしてもしっかり目が行き届くため安心できます。特に洋風のLDKと畳の和室と異なった異空間が隣接するので、畳を琉球畳などにして和の雰囲気を抑えることで、リビングと開放しても使っても違和感を感じなくさせてくれますし、畳がいいアクセントにもなるのです。和室もだいぶ変化してきているのです。

  • コメントは受け付けていません。
  • Your Ads Here
    Promote your products