不動産知識

素人目線の不動産知識<アパート・一軒家・防犯>

Archive for ‘8月, 2017

家族のコミュニケーションを大事にする家

  • 月曜日 8月 7,2017 11:16 PM
  • By 恵理
  • In 住宅

家で過ごす時間は、家族と共にリラックスできたり、コミュニケーションを深めたり共に一緒の時間を大事にしたいものです。そこで最近ではリビングイン階段が多く取り入れられています。今までは玄関近くに階段が設けられており、帰宅して直接二階の部屋へ行けるような間取りが多かったです。

これだと子どもがいつ帰宅したかが分からず、気づけば外出していたということもあるのです。この状況を避けるにはリビングイン階段がいいのです。家族が集まるリビングを必ず通らなければ二階の自室へは行けないため、リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作り出されます。顔を合わせることで会話も生まれやすくなりますし、親は子どもの表情を伺うことができるだけでもちょっとした変化に気づいてあげやすくなるのです。

同じリビングイン階段でも入ってすぐの位置に階段を設けておけば、リビングに来客時でもお客様に気を遣わせませんし、二階へとスムーズに上がることができるので不便さを感じません。完全にリビングを横切らないと二階へ上がることができない位置に階段を設けておくと来客時には互いに気を遣うかもしれませんが、コミュニケーションを重視するのであればこのスタイルの方がよりコミュニケーションを深めやすいのです。リビングイン階段で家族のコミュニケーションの機会を自然と増やすことに加え、リビングの一部に吹き抜けを取り入れ、一階と二階の繋がりを持たせました。

一階と二階で家族がそれぞれの空間でそれぞれの時間を過ごしていても吹き抜けを通して互いの気配を身近に感じられ家族の繋がりを実感できます。この吹き抜けに面して多目的に利用できるファミリースペースを設けているため、二階にも家族で過ごせるスペースが得られています。家造りは家族の繋がりやコミュニケーションを大事にできるように配慮しておくといいのではないでしょうか。

  • コメントは受け付けていません。
  • Your Ads Here
    Promote your products