不動産知識

素人目線の不動産知識<アパート・一軒家・防犯>

スキップフロア

  • 日曜日 4月 16,2017 03:37 PM
  • By 恵理
  • In 住宅

先日訪れた友人宅には、階段5段ほど上がった場所に多目的に使用できるスキップフロアが設けられていました。階段5段ほどの高さのスキップフロアは、一階のLDKとの一体感が高く、ここで過ごしていてもLDKで過ごす家族との一体感を大切にできることが大きな魅力です。併せて、自分の時間も大切にできるのです。

私が遊びに行っていた時は、幼稚園に通う子どもがキッズスペースとして利用していました。おもちゃを広げて遊んだり、造り付けられていたカウンターでお絵かきをしたりとちょっとした子ども部屋が広がっていました。リビングの床におもちゃが散らかることもないため、リビングがよりくつろぎの空間が広がるのです。昼間はこのようにここを子どもが利用することが多いようですが、夜は大人が利用しているようです。パソコンスペースとして利用したり、旦那さんが持ち帰りの仕事をする書斎スペースとして利用したり、裁縫をしたりしているのです。

このようにスキップフロアを設けることで個室にいるような気分で一人の時間に集中できるという魅力があります。LDKの一角にカウンターを設けるのと全く雰囲気が違い、適度なこもり感が居心地の良さを高めるだけでなく、集中力も高められるのです。階段はただの通路としてしか考えられませんが、階段途中に多目的に使用できるスペースがあることで階段もとても重要な居住スペースの一部であるのだと実感させられました。スキップフロアの下には収納庫が設けられていました。とても魅力的なスキップフロアでした。


Your Ads Here
Promote your products