不動産知識

素人目線の不動産知識<アパート・一軒家・防犯>

リビングの収納計画

  • 火曜日 10月 23,2018 04:02 PM
  • By 恵理
  • In 住宅

リビングは、家族が集まってくつろぐ場所です。さらに来客など、家の中で最も色々な人が集まる場所でもあります。収納するものや収納する場所を決めて、スッキリと快適な空間を作りましょう。

家族構成やライフスタイルで、空間作りは大きく異なります。整理を始める前に、まず我が家はリビングで何をしているか、を考えてみましょう。
例えば夫婦二人に、0歳と3歳の子供がいる4人家族の場合、リビングの利用法は、家族が一緒に過ごす家族団らんの場であり、小さい子供の遊び場であり、来客時は応接の場にもなります。リビング内を使用目的でゾーン分けし、目的に合わせた場所の近くに必要な物を収納します。
家族の持ち物はどの程度持ち込んでよいか、共有コーナーはどう作るかなどのルールを決めましょう。

共有コーナーとなるサイドボードなどの収納スペースは、あらかじめ衣、食、住、にグループ分けします。衣はハンカチ、タオル、テーブルクロスなど、食は食器、お菓子、茶類など、住は文房具、工具、裁縫道具、雑誌、ホビーグッズなどに分類し、更にアイテム別、使う場所別、などの用途で分け、使用頻度に応じて出しやすく収納します。本当に共有コーナーになければいけないものなのかを良く考えて検討しましょう。

収納には家具や容器の中にしまう隠す収納と、そのまま見せる飾る収納の2つの手法があります。隠す収納は部屋をスッキリ見せますが、反面扉などで圧迫感も感じます。飾る収納は個性があって楽しいですが、一歩間違うと散らかって見えることもあります。二つをバランスよく収納して、快適なリビングにしましょう。


RSS Feeds

Your Ads Here
Promote your products