不動産知識

素人目線の不動産知識<アパート・一軒家・防犯>

ウッドデッキのある家

リビングの延長にウッドデッキを設けるのが私の理想です。建ち並ぶ新築住宅を見てもウッドデッキのある家を見るとデザイン性が高く、そのウッドデッキで楽しそうに過ごしているのを見ると羨ましく感じてしまいます。

住宅に使用する建材などを全て無垢材を使用したいと主人と話しています。ウッドデッキにももちろん無垢の木材を使用したいと考えています。しかしきになるのが雨で濡れると気が腐食しないか、木の風合いが損なわれるのではないかと気になってしまいます。しっかりとお手入れをしなければせっかくのいい素材を使用しても台無しになってしまいます。

屋根や側面には囲いを設け、直接雨にさらされたり、紫外線を受けることのないように対策を取っておくことが大事です。また通行人や近隣住民の視線を気にしながらウッドデッキで過ごすのでは、心から楽しんでいるとは言えません。気にならなくていいように屋根パネルを設けたり、高いパーテンションを設けたり、サンルームと組み合わせるようにしておくときちんとウッドデッキを保護できるだけでなく、視線を遮ることもできます。このようにしっかりと満喫できる対策を施すことでそのウッドデッキスペースを様々な方法で楽しむことができます。

子どもの遊び場にするのもいいですし、ペットの遊び場としても活用できます。また友人や家族を招いてみんなでバーベキューをして楽しむ空間にするのもいいでしょう。雑誌を眺めながらお茶をするのもいいですし、ママ友との談話を楽しむ空間としても大変活躍してくれることでしょう。リビングと繋げることでリビングをより開放的にもしてくれるのでウッドデッキのある新築住宅を手に入れたいものです。

  • コメントは受け付けていません。
  • Your Ads Here
    Promote your products