不動産知識

素人目線の不動産知識<アパート・一軒家・防犯>

家族のコミュニケーションを大事にする家

  • 月曜日 8月 7,2017 11:16 PM
  • By 恵理
  • In 住宅

家で過ごす時間は、家族と共にリラックスできたり、コミュニケーションを深めたり共に一緒の時間を大事にしたいものです。そこで最近ではリビングイン階段が多く取り入れられています。今までは玄関近くに階段が設けられており、帰宅して直接二階の部屋へ行けるような間取りが多かったです。

これだと子どもがいつ帰宅したかが分からず、気づけば外出していたということもあるのです。この状況を避けるにはリビングイン階段がいいのです。家族が集まるリビングを必ず通らなければ二階の自室へは行けないため、リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作り出されます。顔を合わせることで会話も生まれやすくなりますし、親は子どもの表情を伺うことができるだけでもちょっとした変化に気づいてあげやすくなるのです。

同じリビングイン階段でも入ってすぐの位置に階段を設けておけば、リビングに来客時でもお客様に気を遣わせませんし、二階へとスムーズに上がることができるので不便さを感じません。完全にリビングを横切らないと二階へ上がることができない位置に階段を設けておくと来客時には互いに気を遣うかもしれませんが、コミュニケーションを重視するのであればこのスタイルの方がよりコミュニケーションを深めやすいのです。リビングイン階段で家族のコミュニケーションの機会を自然と増やすことに加え、リビングの一部に吹き抜けを取り入れ、一階と二階の繋がりを持たせました。

一階と二階で家族がそれぞれの空間でそれぞれの時間を過ごしていても吹き抜けを通して互いの気配を身近に感じられ家族の繋がりを実感できます。この吹き抜けに面して多目的に利用できるファミリースペースを設けているため、二階にも家族で過ごせるスペースが得られています。家造りは家族の繋がりやコミュニケーションを大事にできるように配慮しておくといいのではないでしょうか。

  • コメントは受け付けていません。
  • スキップフロア

    • 日曜日 4月 16,2017 03:37 PM
    • By 恵理
    • In 住宅

    先日訪れた友人宅には、階段5段ほど上がった場所に多目的に使用できるスキップフロアが設けられていました。階段5段ほどの高さのスキップフロアは、一階のLDKとの一体感が高く、ここで過ごしていてもLDKで過ごす家族との一体感を大切にできることが大きな魅力です。併せて、自分の時間も大切にできるのです。

    私が遊びに行っていた時は、幼稚園に通う子どもがキッズスペースとして利用していました。おもちゃを広げて遊んだり、造り付けられていたカウンターでお絵かきをしたりとちょっとした子ども部屋が広がっていました。リビングの床におもちゃが散らかることもないため、リビングがよりくつろぎの空間が広がるのです。昼間はこのようにここを子どもが利用することが多いようですが、夜は大人が利用しているようです。パソコンスペースとして利用したり、旦那さんが持ち帰りの仕事をする書斎スペースとして利用したり、裁縫をしたりしているのです。

    このようにスキップフロアを設けることで個室にいるような気分で一人の時間に集中できるという魅力があります。LDKの一角にカウンターを設けるのと全く雰囲気が違い、適度なこもり感が居心地の良さを高めるだけでなく、集中力も高められるのです。階段はただの通路としてしか考えられませんが、階段途中に多目的に使用できるスペースがあることで階段もとても重要な居住スペースの一部であるのだと実感させられました。スキップフロアの下には収納庫が設けられていました。とても魅力的なスキップフロアでした。

  • コメントは受け付けていません。
  • 生活スタイルと寝室

    • 月曜日 12月 5,2016 02:27 PM
    • By 恵理
    • In 住宅

    住まいを新築する時、子ども部屋は子どもたちそれぞれの個室にするか、間仕切壁を設けて独立させるかしますが、大人のプライベートルームというのは、独立した個室ということは少ないようです。

    夫婦2人で使うということになると、どんなに仲の良い夫婦でも、全く、同じ時間で行動するということはありません。互いの存在を感じながらも、ある程度、それぞれの生活時間やスタイルに自由度を持たせることも大切になります。例えば、片方が早く寝たいと思うときに、片方が読書したいと思うこともあります。

    私の友人が住まいを新築した時、ご主人は入浴してから入眠までの時間にプライベートなメールをチェックしたいし、読書もしたいと思いますが、彼女は朝食やお弁当の準備があり、早く寝たいと思うことが多いそうです。互いの生活スタイルを守るためには、寝室の照明について、よく考えないといけないはずでした。

    今までは、彼女はどんなに煌々と照明を付けていても、眠りにつけないということはなく、ものの数分で寝ていましたから、支障はありませんでした。しかし、最近、天井の照明が明るいと、なかなか寝付けなくなってしまいました。それでも、ご主人の生活スタイルも尊重したいので、我慢をしていたところ、睡眠不足が続いて、体調を崩してしまいました。

    ベッドのヘッド側の壁に、あまり横に光が拡散しないような照明を取り付けておけばよかったと思っています。若い頃、何でもなかったことが、年齢を重ねていくにつれ、体調も変化して、入眠がスムーズにいかなくなることもあります。最近は、照明器具についても、いろいろな種類のものが出ています。住まいを新築する時に、自分たちそれぞれの生活スタイルをよく話し合って、それぞれの生活スタイルにある程度の自由を持つことができるような工夫が大切になってきます。自分たちに合うような照明を設置することで、お互いがうまく過ごすことができます。

  • コメントは受け付けていません。
  • ママのためのワークスペース

    • 月曜日 9月 12,2016 02:34 PM
    • By 恵理
    • In 住宅

    ママにとって立って行う家事や育児ばかりではありません。裁縫をしたり、家計簿をつけたり、夕飯のレシピ検索をしたり、子どものスケジュールを管理したりデスクワークを行うことも多いのです。これらのデスクワークが行いやすいように最近ではママのためのワークスペースを設ける家庭も多くなりました。

    このワークスペースは家事の中心的空間となるキッチン近くに設けられることが多いです。キッチン近く設けておくことで、料理の合間のちょっとした時間でもデスクワークを行うことができますし、家事の合間の休憩場所としても最適です。ママにとって家事の合間の休憩と言ってもデスクワークを同時に行うことも多く、ゆっくりお茶を飲みながら、作業を行えるスペースがあるのは嬉しいものです。自分だけのホッと安らげるスペースがあるというのも家事への原動力となるのです。

    我が家のキッチン横にもこのワークスペースを設けました。私は家事や育児の合間にパソコンを使って仕事をしています。ワークスペースを設けたことでパソコンの仕事がより集中して行えるようになりましたし、趣味の時間もより楽しめるようになりました。私の趣味はネットショッピングやブログを読むことなので今まで子ども達に邪魔されることも多く、なかなか自分の時間を得られませんでしたが、ワークスペースを設けたことで仕事と趣味の時間を満喫できるようになったのです。これからもこのワークスペースは各家庭で設けられるスペースとなりそうですね。

  • コメントは受け付けていません。
  • 建売住宅

    • 月曜日 4月 4,2016 01:48 PM
    • By 恵理
    • In 住宅

    私の周りには新築住宅を購入する人が増えてきました。我が家も家を建てるなら注文住宅で!としか考えていなかったのですが、新築住宅を購入した人の中には建売住宅を購入した人もいます。建売住宅について知らなかった私は、友人に建売住宅について聞いてみました。

    建売住宅に決めた最大の理由は価格の安さと言います。販売価格は土地の代金も含めたものです。建売住宅が割安な理由は、規格化された住宅が多いため、建築コストを安く抑えることができるのです。また開発地などが多いため、土地代も安く設定されているのです。また資材を大量購入するので単価が安くなるのです。同じ条件の土地に注文住宅を建てると、土地の仲介手数料など余計な費用が必要となってきますので2~3割コストアップしてしまうのです。

    住宅を購入する時は、無理なく支払をし続けることができるかがポイントの一つでもあるだけに割安で夢のマイホームを手に入れることができるというのは嬉しいものです。建売住宅を購入する場合、すでに建物が完成していることが多く、実際の建物を見学することができます。実際の間取りをそのまま確認できるので、生活のイメージが湧きやすくなります。

    また土地を探す手間が省けますし、住宅に関する打ち合わせが注文住宅に比べて格段に少ないです。共働きで忙しい世帯や打ち合わせや決めることが多いのが面倒と感じる人には建売住宅の方が適していると言えるのです。友人が唯一心配していたのが、すでに住宅が完成しているため、見学段階を見学することができないことです。建築方法や使用している建材、断熱材などを自分の目で確認できないというのは不安が残ります。建売住宅にも魅力が多く、機会があれば建売住宅の視野に新築住宅を購入したいなと思いました。

  • コメントは受け付けていません。
  • 洗濯物干し場までの動線

    • 火曜日 1月 5,2016 02:23 PM
    • By 恵理
    • In 住宅

    洗濯は毎日行う家事の一つです。毎日行う家事においてはいかにスムーズに効率よく行えるかというのが重要です。家事動線を考える際に一番重視するのが、キッチンと洗面室の動線です。それと同じくらい洗濯を行う洗面室から洗濯物干し場までの動線も重要なのです。

    洗濯物干し場は洗濯機のあるフロアと同じフロアにあるのがいいと言われています。一番避けたいのが、一階の洗面室で洗濯を行い、二階のバルコニーに干すことです。私が以前住んでいた住宅はまさにこの動線でした。移動する中で階段を挟みます。洗濯を終えた洗濯物は水を含み重さを増します。それを抱えて階段を上がるのは体に大きな負担となります。私が妊娠している時は特に体にこたえました。女性にとって家事は高齢になった時も行うだけに、若い時でも高齢の時でも家事を行いやすい環境を整えておきたいものです。

    新築住宅ではリビングの先に設けたウッドデッキに洗濯物干し場を設けました。洗面室からの動線も短くなり洗濯を干すのが格段に楽になりました。またまだ我が家には目の離せない子どもがいるだけに、リビングで遊ぶ子ども達の様子を見ながら、洗濯物を干せるので子育てと家事を両立しやすい家にすることができました。動線を一番短くするには洗面室に勝手口を設けて、その先に洗濯物干し場を設けるスタイルです。洗濯物をほとんど移動させることなく洗濯物を干せるので家事効率も高まります。家事動線をしっかりと考え今現在も高齢になった時も家事のしやすい家を目指しましょう。

  • コメントは受け付けていません。
  • ファミリースペース

    • 金曜日 8月 28,2015 10:01 AM
    • By 恵理
    • In 住宅

    我が家の自慢のスペースの一つでもある二階のファミリースペース。階段を上がった先のスペースを広めに確保し、二階でも家族で集えるファミリースペースを設けたのです。このスペースを設けたことで二階には廊下がありません。このスペースから各子ども部屋や寝室、トイレへ行き来できるようになっています。廊下がないことで無駄なスペースを生まず、空間を有効的に活用しました。

    また一階のリビングに設けた吹き抜けに面しているため、一階と二階で家族がバラバラの空間で過ごしていたとしても、吹き抜けを通して家族と会話がしやすくなりますし、互いの気配を感じることで安心感にも繋がります。ここには子どものおもちゃを置いています。子ども達が暇さえあればこの二階のファミリースペースで仲良く遊んでいます。

    カウンターデスクも設けました。子ども達が二人並んでもゆったりと座れ、将来的にはスタディコーナーとして活用させたいなと思っています。また主人は持ち帰りの仕事も多く、子ども達に邪魔されることなく仕事に集中できる場所としても重宝することでしょう。

    寝る前の時間を家族みんなで過ごしたり、休日の朝はいつもと違った朝の時間を過ごすのにこの二階のファミリースペースを活用させようと思っています。多くの家庭で一階と二階では断然一階で過ごす時間が長いことと思います。我が家もそうでした。しかし二階にこのファミリースペースを設けたことで、それを解消でき二階で過ごす時間を大切に考えるようになりました。二階の空間も上手に活用し楽しく過ごしたいものです。

  • コメントは受け付けていません。
  • 勾配天井の子ども部屋

    • 木曜日 6月 18,2015 12:58 PM
    • By 恵理
    • In 住宅

    我が家の新築住宅の子ども部屋は変化に対応できる空間にしました。我が家の子どもはまだ小さく自分の部屋というのを設けても使い始めるまで10年くらいかかってしまいます。それぞれの個室を設けるのではなく、広々ワンルームで兄弟姉妹が二階でものびのびと遊べる空間にしてあげる方が空間を有効活用できると考えました。お友達が遊びに来ても二階で広々と遊ぶ空間があると便利です。

    約10畳のワンルームは二つの個室に分けると一部屋5畳程の広さです。個室になった時子ども達が圧迫感を感じないように勾配天井にしました。勾配天井にすることで天井が高く、面積以上の広さを感じられます。
    またこの勾配天井を活かしてロフト収納を設けました。子どもの成長と共に収納しておかなければいけないものが増えていきます。クローゼットをそれぞれの部屋に設けていますが、それだけでは収納しきれなくなってしまいます。5畳ほどの広さしかない子ども部屋に物が溢れてしまえば、快適性を損なった空間になってしまい、勉強にも集中しにくくなります。居住スペースに物が散らからないようにロフト収納を設け、物がきちんと片づけられる空間にしたのです。

    子どもがまだ小さい間はこのロフトは遊ぶスペースとして活用させてもいいかなと思っています。秘密基地のようなこの空間は遊び心をくすぐられること間違いありません。勾配天井の子ども部屋は小さい頃は兄弟姉妹が共に遊び、共に勉強する空間として、将来的に二つの部屋になった時は、適度な開放感が得られ、物が片付けられる子ども部屋として活躍することでしょう。

  • コメントは受け付けていません。
  • 二階ホールの活用法

    • 木曜日 4月 2,2015 05:21 PM
    • By 恵理
    • In 住宅

    住宅に求められるのは無駄な空間をなくし、居心地のいい空間を造り出すことです。
    そこで最近注目されているのが二階ホールの活用法です。
    多くの家庭で二階には寝室や子ども部屋が設けられていると思います。
    子どもが小さいと二階の子ども部屋は服をしまうだけのスペースとなってしまうことが多いです。

    二階は寝る時しか使っていないという家庭は多いのではないでしょうか。
    それでは二階スペースはほとんどが無駄なスペースのようになってしまいもったいないのです。
    それを解消するために二階ホールを活用し、この空間を多目的で使用できる空間として変化させることで二階で過ごす時間が増えたり、二階スペースを有意義に使用するようになるのです。

    私の友人はこの二階ホールに天井から吊るすタイプの室内用の洗濯物干しを設けていました。窓際に設けられた室内用の洗濯物干し場はベランダへの行き来も可能です。
    急な雨で洗濯物を屋内に干さなければいけない時などスムーズに対応できるので便利です。
    広さはあまりないのですが、このホール部分にカウンターを設けていました。
    旦那さんが家に持ち帰って仕事をする機会が多く、一階の家族の集まるリビングでは仕事に集中できないので、この二階ホールにカウンターを設けてパパの書斎ルームとしても活用しているのです。
    窓の傍なので明るさもしっかり確保できるので休日の家での仕事も開放感たっぷりの空間で行えるので仕事もはかどりそうです。

    我が家は階段を上がった先に6畳ほどの広さの空間があります。
    二階に廊下を設けず、このホールから各部屋へ行き来できるようにしています。
    ここを第二のリビングルームとして家族で集える空間として活用させる予定です。
    二階にも家族で集まれる空間があることで寝る前の時間や休日には違った時間を過ごすことができると思います。

  • コメントは受け付けていません。
  • 廊下スペースを少なく

    • 金曜日 11月 7,2014 10:15 AM
    • By 恵理
    • In 住宅

    廊下スペースをなるべく造らないようにすることで無駄なスペースをなくし、各部屋を広々とした空間にすることができます。
    私の知人が建てた家には廊下がほとんどありませんでした。
    キッチンとダイニング、リビング、そして和室と全てが大きな一つの部屋となるようにすることでより広々と開放的たっぷりにすることができます。
    玄関ホールを中心にリビングへもトイレへも浴室へも行けるようにすることで一階に廊下は全く必要ありません。
    廊下がない分それぞれの空間に広さを得ることができるのです。

    二階も同様です。廊下を設けずその分二階のホールを中心に各部屋へ行けるようにするのです。
    二階ホールを第二のリビングのようにして家族の憩いの場にするのです。
    そうすることで空間が一つ増えるだけでなく廊下も必要としないので無駄な空間がなくなります。
    住宅は間取りの仕方で生活のしやすさは大きく変わってきます。
    間取りを考える際には無駄な空間になりがちな廊下を省き、いかに有効なスペースへとすることができるかが家造りの一つのポイントのような気がします。今まであるのが当たり前だった廊下ですが、その知人宅へ行った際に廊下がほとんどなく、しかし空間は広々としており、廊下の空間を利用して多目的スペースに仕上げていたので私は大変ビックリしました。

    家造りにもアイデアが大変重要なのです。
    廊下には廊下の魅力がありますが、スペースに余裕がない場合やスペースを無駄にしたくないと考える人は廊下をなくしてみるのが有効的だと思います。

  • コメントは受け付けていません。
  • Your Ads Here
    Promote your products