不動産知識

素人目線の不動産知識<アパート・一軒家・防犯>

Archive for the ‘一戸建て’ Category

季節を考えた家づくりのポイント

家づくりにおいて、間取りや設備はやはり重要ではありますが、建材などを工夫して住宅そのものの機能性を高める事も忘れてはいけないポイントです。
よく言われるのが「高気密」な家づくり。ちょうど、住まいを魔法瓶のような構造にすることで(※壁面・天井・床などに断熱材を入れる/窓などの開口部から熱をにがさない)、外気に影響されない快適な住まいを作ることが出来るというものですが、こうした「省エネ」住宅への工夫が、ちょっとしたブームにもなっていると言います。

高気密・高断熱をうたった住宅の良い点は、無駄な電力などのエネルギーを消費しない=「エコ住宅」であるというところだと考えています。窓やサッシから侵入する外気熱に影響されずない、そしてエアコンなどで暖まった空気などを外に逃がさないで効率よくエネルギーを使う事ができるのもその一例と言えるでしょう。
冬場であれば外気と触れる窓などの開口部から熱が奪われてしまいます。せっかく温められた空気の熱が奪われることで、結果的に沢山のエネルギーが必要なってしまいます。いうまでもなく、これは熱効率が非常に悪いというのが分かりますよね。
そもそも、床材や壁面などあらゆる箇所から熱が奪われてしまうのが、かつての日本の住宅の悩みでもありました。現在のような高気密・高断熱の施工が標準的になったことを受け、建材のもつ機能などに興味をもたれたという方も増えてきています。

高気密・高断熱の住宅に住みたいと思っても、既存住宅ではなかなかそうはいかない、なんていう悩みを抱えている方もおおいようです。新築段階から設計する場合はエコ住宅として作ることができますから壁・床・天井などの断熱材にも十分工夫ができます。一方で既存住宅の場合は窓やサッシを工夫するだけで、室内への直射日光を抑えることができ、紫外線カットにもつながるほか熱効率を高めることができるというのをご存知でしょうか。
新築時だけでなくいつでも誰にでも行えるのが魅力の一つでもあります。季節に対応した暮らしを実現するために、断熱工事だけをリフォームなどで行う方も増えているようです。是非、快適な住まいの為に季節を取り入れてみてください。

  • コメントは受け付けていません。
  • 家族でクッキング

    私の趣味は料理です。
    私の主人も以前飲食店で働いていたこともあり料理を作ることが好きです。以前はよく二人でキッチンに立って料理をしていました。しかしキッチンが狭くキッチンに二人立つと身動きがとれず、料理がスムーズに行えず次第に一緒に料理をする機会がなくなりました。そして子どもが生まれ日々の生活に追われなかなか楽しみながら料理をする機会がすくなくなりました。

    そんな我が家も近々マイホーム購入に向け話を進めています。
    新築住宅では夫婦でそして親子で家族みんなでクッキングでき、料理する楽しさや、一緒に食べる楽しさを感じながら生活を送れたらなと思っています。まず家族みんなが立てるキッチンスペースを確保したいと思います。作業台を設けみんなで料理を楽しみたいです。
    またキッチンが広く作業スペースがしっかりあると鍋やフライパンをサッと置くときにも便利です。

    そこで注目したいのが素材です。私は高級感のある人口大理石を使用したいと思っています。人工大理石は熱に強い樹脂を特殊加工したものです。大理石そっくりでシンプルでカラーバリエーションにも富んでいるので人気の高い素材なのです。以前のものは高温の鍋やプライパンを置くと変形や変色していました。
    しかし最近のものは品質が向上しておりそのようなことはなくなってきたのです。一緒にキッチンで料理をするばかりではありません。私がキッチンで調理中でも目の前に家族が居て会話をしながらそれぞれの時間を楽しめるキッチンスタイルがいいと思っています。アイランド型キッチンであれば私の求めるキッチンに近いのではないかと思います。
    家族で楽しめるキッチンはまさに理想のキッチンです。

  • コメントは受け付けていません。
  • 癒しのトイレ

    住宅の中で癒しの空間と言えば浴室や、趣味の空間を上げる人が多いと思います。私はトイレの空間にも癒しは必要だと思います。トイレは狭い空間であるにもかかわらず使用頻度が高い場です。家族だけでなく来客者がトイレを使用することも度々あります。トイレで漫画や新聞、雑誌を読んだりと長居する人も多いです。これらのことを考えるとトイレはキレイで癒される空間が望ましいのです。

    そのトイレを実現させるには落ち着きのある空間にする必要があります。壁紙の色や壁紙のデザインは大きな影響を与えます。また最近ではトイレ内に手洗いスペースを設けるスタイルも多くなりました。これは来客者のことを考えると是非とも設けたいと私は思います。トイレに小さな手洗いスペースとそこに鏡を設けておくとトイレで用をたし、鏡を見て身だしなみを整えることができます。洗面所は生活感の出やすい場所なだけに手を洗いたい時など案内したくないと抵抗感を抱く人もいるでしょう。トイレに設置しておけばこのような悩みを解消できます。来客者が喜ぶだけでなく家族もトイレと同時に身だしなみを整えられるので便利さを感じることでしょう。

    実際友人宅がトイレに手洗いスペースを設けていました。デザインもオシャレで手洗いスペースがトイレのインテリアのように感じられました。しかし鏡がなかったのでここに鏡があれば身だしなみを整えられるのにと思ったことがトイレに鏡を設ける理由となりました。またトイレは臭いが気になります。インテリア性を兼ね備えたフレグランスを置き見ても楽しめ、ほのかに香るいい匂いを演出しより癒される空間に仕上げたいと思います。

  • コメントは受け付けていません。
  • ウッドデッキのある家

    リビングの延長にウッドデッキを設けるのが私の理想です。建ち並ぶ新築住宅を見てもウッドデッキのある家を見るとデザイン性が高く、そのウッドデッキで楽しそうに過ごしているのを見ると羨ましく感じてしまいます。

    住宅に使用する建材などを全て無垢材を使用したいと主人と話しています。ウッドデッキにももちろん無垢の木材を使用したいと考えています。しかしきになるのが雨で濡れると気が腐食しないか、木の風合いが損なわれるのではないかと気になってしまいます。しっかりとお手入れをしなければせっかくのいい素材を使用しても台無しになってしまいます。

    屋根や側面には囲いを設け、直接雨にさらされたり、紫外線を受けることのないように対策を取っておくことが大事です。また通行人や近隣住民の視線を気にしながらウッドデッキで過ごすのでは、心から楽しんでいるとは言えません。気にならなくていいように屋根パネルを設けたり、高いパーテンションを設けたり、サンルームと組み合わせるようにしておくときちんとウッドデッキを保護できるだけでなく、視線を遮ることもできます。このようにしっかりと満喫できる対策を施すことでそのウッドデッキスペースを様々な方法で楽しむことができます。

    子どもの遊び場にするのもいいですし、ペットの遊び場としても活用できます。また友人や家族を招いてみんなでバーベキューをして楽しむ空間にするのもいいでしょう。雑誌を眺めながらお茶をするのもいいですし、ママ友との談話を楽しむ空間としても大変活躍してくれることでしょう。リビングと繋げることでリビングをより開放的にもしてくれるのでウッドデッキのある新築住宅を手に入れたいものです。

  • コメントは受け付けていません。
  • ロフト学習

    • 月曜日 12月 17,2012 11:23 AM
    • By 恵理
    • In 一戸建て

     昔の日本の生活では、学習するのに、特別の部屋というのはなく、居間のちゃぶ台を机代わりにしていました。それが、高度成長期に子ども部屋という考え方が定着してきました。しかし、子ども達が個室を持つことへの弊害が指摘されるようになり、最近、子ども部屋といった個室でなく、親の目が行き届く、リビングで学習をすることが推奨されています。

    私の友人が住まいを新築した時、リビングにロフトを作りました。ロフトは、あまり広くはありませんが、リビング側に化粧板を作りつけてもらいました。これを机にして、リビング学習ならぬ、ロフト学習です。小学生中学年までの子どもは集中する時間も短く、一人で勉強に集中するということはあまり望めません。しかし、リビングで学習は寂しくないし、母親の目が届きますが、家族の帰宅時間がまちまちなので、気が散るという難点があります。そこで、ロフトに簡単な学習スペースを作ってもらい、宿題をしたり、絵を描いたりするスペースにしました。

    小学生高学年から中学生になると、塾通いが始まったり、試験期間があったりで、個室での学習にだんだん移行していきますが、それまでは、キッチンダイニングやリビングから親の目が届き、子ども達からは親の姿が見える空間で学習する方が効果的です。

     子ども達が個室を持つようになったら、別の使い方を考えています。例えば、本好きの夫の蔵書を図書館のように収納するスペースにしたり、CDを収納したりします。リビングは、家族が集まる場所なので、意外に物があふれます。それをロフトに収納することで、リビングをすっきりと片付けることができます。子ども達の使っていた机の下に棚板を足して、収納棚ができるように、工夫されています。或いは、一部は机のままで、パソコンルームとして、使うこともできます。ロフトの使い道はどんどん広がっていきます。

  • コメントは受け付けていません。
  • セキュリティーアドバイザー

    こんにちは!恵理です。
    先日ドライブと称して熊本までいってきました。
    熊本でも住宅が建てられているのを見るとつい反応して凝視してしまいますね。

    防犯について考える今日この頃、やり始めるときりがない、知れば知るほど自分がスキだらけだということことが突きつけられ、ちょっと怖くなります。

    同時に、泥棒をしようとする人がいなくなるのが一番なので、生活向上の政策を、政府にがんばってもらいたい。とか、ちょっと他の方法にもそれて考えちゃいますw。

    で、ついに、セキュリティーアドバイザーの、大分の不動産、坂井建設の社長さんにお遭いできました!!とってもダンディで都会的な雰囲気すらある、頭よさそうな、仕事できそうな方でした。話もとってもわかりやすいですし(´∇`)。

    いきなり「社長にあいたいんです」とわけ分からんことをいうお客にも丁寧に対応してくださった皆様、きっと「なんだなんだ!?」と戸惑われたと思いますが、優しく接してくださり、ありがとうございました(〃 ̄― ̄〃)

    さて、その社長さんとのお話で、セキュリティーについていろいろと教えてもらいました。

    セキュリティーに関する結論は、「本当にいろいろあり、やるときりがない」「泥棒もそっちのみちの「プロ」ですので、ダミーのカメラや、センサー、「セコムしてます」的な張り紙も、結構見破っちゃうそうです(――;)。」でも、できる範囲で防犯すること、何よりも隙を見せないためにできること、出かけるときは貴重品を持って出て行く(銀行の貸し金庫とか有効)など、いろいろ知識を分けていただきました。

    で、肝心のお部屋はちゃんとオートロックがついたアパート、警備会社が管理してるアパート、等どういうのがいいのかをアドバイスしてくださり、今探してくださっています。

    また、お話の中で、大手メーカーよりも手が出しやすい値段で、新築も建てているらしく(というか、こちらが本職なんでしょうけどw)、地方の工務店といえばおっちゃんの大工が~ってイメージですが、ここはちゃんと営業もいたり、どちらかといえば若いノリノリの世代の方ばかりで、将来も明るい感じがしました(家づくりは、高い買い物&長い付き合いになるので)。もし、将来結婚して家を建てるのであれば、ココの頼もうかな^^いつかね、いつか・・・希望的観測w。

  • コメントは受け付けていません。
  • 一軒家でできる防犯対策

    こんにちは!

    皆さんのおうちの近くは泥棒が入ったとかいう話し聞きますか?

    うちの実家は、温泉で有名な大分県の別府市というところなのですが、もう20年くらい住んでいますが、「2件隣の家、泥棒が入ったらしい」とか、「隣の家で変な人影を見た」とか、年に1回くらいはそういう話を聞きます。ですので、結構空き巣や強盗って身近な問題だったりします。

    そんな別府の実家は、当然防犯には結構シビアで、「寝るときには全部の窓施錠はアタリマエ」、以前紹介した「サッシ補助錠も全部のサッシに」、「人感センサーも完備」「番犬も飼っている」「雨戸は閉めて寝る。」って感じです。

    でも、今日テレビを見ていて、ちょっと「え!?」と思いました。

    それは、

    「留守にするときには雨戸を閉めちゃいけない!!」

    ということです。「昼間でも雨戸が閉まってる=人がいないって教えてるようなもの」

    だそうで、完璧に見えたうちの実家も、旅行に行くときは雨戸閉めちゃったり穴がありました・・・。○| ̄|_

    防犯って奥が深いんですね。母に教えてあげなければ・・・。

    あと、人がいるように見せかけるため、省エネの世の中、ちょっと心苦しいのですが、「お部屋のリビングの電気はつけたまま外出する。」「テレビつけたまま外出する。」といったことも有効だそうです。

    あと、「家の周りのブロックを積み上げすぎると、進入した後はかがんで動くと外から見えないので、逆効果だ」ということでした。

    ヒィ((((;゜Д゜)))

  • コメントは受け付けていません。
  • 自分が新築を建てるとしたら・・・

    こんばんは!最近、もう23時には眠くなってしまうワタクシですが、何かと忙しい身なので、とりあえず0時まではおきてパソコンの前に向かっています。

    そして、無意味にこんな難しいことを考えちゃうもんだから夜眠れなくなっちゃうんですww

    先日の、大分の不動産の社長さんには、まだ逢えずじまいです。というか逢うのにも心の準備がとかそう言うこともなきにしもあらずですが、退去するには通知しないといけないとか、結構引越しって準備が大変で、あとついでに!?仕事も急に忙しくなって大変なので、のびの~び状態(;´ρ`)

    今回は、自分が新築を大分で建てるとしたらどういう家にしたいか考えてみました!

    いずれは一軒家を!と思って、新聞チラシの間取りを見たり、方眼紙に間取りを書いてみたりいろいろしながら、考えたことです。

    ・  土地の広さは、最低でも100坪ほしい!お隣さんとある程度はなれた家がほしいからです。

    ・  駐車場は5台分ほしい!そのうち2台分は、車庫にしたい。 将来結婚したら子供は3人ほしいので巣立った子供がお盆に集まれるようにです。また、車が好きなので。

    ・  玄関はスロープがいい! 階段は将来、車椅子生活になったときに困りそうなので。

    ・  庭は、無草土にしたい! 雑草にはうんざりなので・・・。

    ・  吹き抜けはいらない!もしするなら床暖房は必要。 寒いのが苦手なので・・・。

    ・  1階に寝室、和室、ダイニングキッチン、リビング! 将来を考えて、寝室は1階がいい。子供が3人いないうちは、2階の1部屋を寝室として使えばいいじゃん。

    ・  2階には子供部屋3つ 子供3人の予定なので。

    ・  風水とかはキニシナイ。

    漆喰とか良いかも! 

    とまあ、このような妄想を膨らませているわけです。これが意外と楽しいんですよw

    あと、実際のところマイホームへのこだわりは、思いついたときに箇条書きにしておくと、イザ家を建てるときに営業マンにわたすと、失敗が少ないんじゃないかなと思っています。

    みなさんも、暇なときには将来のマイホームについて思い巡らすことをオススメします!

  • コメントは受け付けていません。
  • いままでに住んだいろんな家2

    こんにちは!恵理です。

    前回に続き、今回も、私がこれまでに住んだいろいろな家についてご紹介します。

    (注)お食事中の方や、汚いものが苦手な方は、ご覧にならないで下さい・・・

    CASE2<ポットンな家>

    私が小学校2年くらいのときに住んでいた、庭付き一軒家のことです。

    たぶん、タイトルから容易に想像ができると思いますが、御トイレが「和式のポットン便所=汲み取り式便所」でした。

    (注)私が相当な年齢じゃないかと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、これでも20代ですよ~(〃 ̄― ̄〃)。それに、「ポットン便所はもう絶滅したはずや!!」なんて思ってる方!まだ健在ですよ!!あるところにはあるんです(σ・∀・)σ

    で、汚い話、ティッシュやら排泄物が見事にみえるんですよね~( TДT)。で、一番嫌だったのはウジウジ、ウジ虫君がもそもそ便器を這い上がってきてたりして、母がしょっちゅう殺虫剤をまいたりしていました。まあ、今考えるとゾゾゾ~っとするほど気持ち悪い~((((;゜Д゜)))、でも当時は結構平気だったりしたんですけどね・・・慣れって怖いわ~。

    小さかった当時、そのポットンにスリッパを落としたりした苦い思い出もあります(´・ω・`)。

    でも、お庭も広かったし、快適でした。2階建てで、2階には2部屋あり、そのうち1部屋を妹と私でつかっていて、私はドラえもんのように押入れで寝ていた楽しい思い出もあります。

    そんなポットンな家ですが、現在は、建て直されて新しいアパートになっています。なんかちょっと切なくなりました・・・。

    こんな物件、もうないと思ってる方、田舎の方ではまだまだありますよ~!

    きっとお家賃は格安です(笑)!ちなみに私が知ってる物件は平屋1戸建でお家賃1万円でした。平気な方はどうぞ~!!!

  • コメントは受け付けていません。
  • いままでに住んだいろんな家1

    • 金曜日 12月 18,2009 09:52 PM
    • By 恵理
    • In 一戸建て

    こんにちは!恵理です。

    今回は、私がこれまでに住んだいろいろな家についてUPしたいと思います。

    CASE1<恐ろしい一戸建て>

    大分の湯布院にある一戸建てで、温泉つきでした。

    そこだけみると「わあ~温泉~!!すてきぃ~ε-(´∀`*)!!」な感じに見えますが、母曰く「恐ろしい家だった・・・」だそうです。私は当時2歳くらいだったので覚えていませんが、お風呂場にはよく巨大なゲジゲジが出現していたそうです。出現しても、父は夜帰りが遅く、私とまだ生まれたばかりの妹がお風呂に入るためには、母が一人で戦わなければならなかったというのですから、その精神力たるや、まさに「母は偉大」という感じですよね!ちなみに、今でも「恐ろしい家」と語り継がれるその家は、いまだ湯布院に存在しています。湯布院に行ったときはなんとなくその家の前を通って、「お母さん。ありがとう」と思わずにはいられない、そんな家でした。

    ※ちなみにゲジゲジとは※

    節足動物門 ムカデ綱 ゲジ目に分類される、いわゆるムカデの仲間で、足は15対ある。ゲジゲジは通称。本当は「ゲジ」という。2本には2種類いる。移動がすばやい。ゴキブリなどの害虫を食べる益虫(人間にとって役に立つ)ですが、あまりの気持ち悪さに、ゴキブリよりも敬遠されることも・・・。

    • ゲジ Thereuonema tuberculata

    体長が3cmの小型種。

    • オオゲジ Thereuopoda clunifera

    体長7cmにも達する大型種である。大人の手のひらよりも大きいものもいる。噛まれると痛い。

    母がよく戦っていたのは、オオゲジの方みたいですね。移動がすばやいって。。殺虫スプレー( ・∀・)r鹵~かけても、もしすごい勢いで自分のほうにきちゃったらと思うと、むちゃくちゃ怖いですよね~ (((n;‘Д‘))η。

    写真をネットで見るだけで身の毛がよだつ不気味な姿・・・。

    お母さん、守ってくれて本当にあ(・∀・)り(・∀・)が(・∀・)と(・∀・)う!

    そして、ゲジゲジさん、殺してしまってごめんなさい。

  • コメントは受け付けていません。
  • Your Ads Here
    Promote your products