不動産知識

素人目線の不動産知識<アパート・一軒家・防犯>

Archive for ‘2月, 2016

小上がりの和室

  • 金曜日 2月 26,2016 01:42 PM
  • By 恵理
  • In 住宅

私は和室を設けるなら断然小上がりの和室がいいなと思っています。最近ではリビングの一角に和室を設けたり、リビングの延長上に和室を設ける間取りが人気となっています。洋風リビングと畳の和の空間が広がるのでそれぞれの空間に違和感を感じないようにするためにも高低差をつけるといいのです。畳の和室を小上がりにすることで、洋風の空間から違和感なく和室が広がります。空間的な広がりは損なうことなく、空間にきちんとメリハリを付けることができます。

普段は建具で区切らずリビングの延長として和室を多目的に使用で、便利な空間となるのです。小上がりにすることで畳の下に収納スペースを設けることができます。リビングと隣接しているため、リビングで使用する物を収納しておくこともできますし、和室で利用するものを収納しておくこともできるのです。家造りではバリアフリー化が求められている中、和室を小上がりにすることで時代に反したような空間のようにも感じますが、これは高齢者にとっても暮らしやすい空間となるのです。

足腰が弱ってきた高齢者にとって正座をすることは困難なことなのです。また地べたに座りこむと立ち上がる、体に大きな負担がかかったり、人の手を借りなければ立ち上がることができないこともあります。このような高齢者にとって小上がりの和室は腰を下ろしやすい和の空間となるのです。腰を下ろしてそのまま体を倒して休むこともできます。そして立ち上がる時も高さがあることでスムーズに立ちあがれるのです。段差があることで高齢者にとっても居心地のいい和の空間が広がるのです。小上がりの和室には魅力がたくさんあると改めて感じました。

  • コメントは受け付けていません。
  • Your Ads Here
    Promote your products