不動産知識

素人目線の不動産知識<アパート・一軒家・防犯>

Archive for ‘10月, 2017

地震に備える収納家具対策

  • 水曜日 10月 25,2017 03:21 PM
  • By 恵理
  • In 住宅

地震による人的被害は、建物ばかりでなく、家具類の転倒によることも多いといわれています。地盤や家屋の地震対策は大がかりですが、家具の転倒防止や固定する方法は、今すぐ実行できることがあります。

地震が起こったときには、家財道具によって生命が脅かされます。家具が倒れて下敷きになったり、転倒物によって出入り口がふさがれてしまったりするのです。

収納家具全般・・・タンスや棚など背の高い家具は、つっぱり棒やL型の金物を使えば、ネジや釘を使わなくても壁や天井にしっかりと固定できます。重ねている場合は、上下をつなぐ金物で連結します。日頃から棚に物を納めるときには、下段に重い物、上段には軽い物をしまうように しておきましょう。更に家具の手前足元と床の間にクサビ状の補助グッズを挟み込むと、前のめりにならず、安定が良くなります。家具の底面に耐震マットを貼っても良いです。また、寝室には背の高い収納家具を置かないようにします。

本棚・オープン棚・・・木製の本棚ならヒートンを両脇にねじ込み、スチールで棚柱に穴があいているようなら、そこにゴムバンドを通して中身が棚からこぼれ落ちないようにします。棚の上面には重い物や壊れやすい物は置かないようにしましょう。

収納家具の開き扉・・・収納物が飛び出さないように、ゆれた時にロックがかかる開き扉のストッパーを取り付けます。震度5以上で自動的にロックされ、揺れがおさまると解除されます。

収納扉のガラス・・・窓ガラス同様、割れてもガラス破片が飛び散らないよう飛散防止フィルムを貼ります。

冷蔵庫・・・重量のある冷蔵庫も倒れると厄介です。専用の転倒防止用具を使って固定します。

  • コメントは受け付けていません。
  • Your Ads Here
    Promote your products