不動産知識

素人目線の不動産知識<アパート・一軒家・防犯>

パントリー

  • 水曜日 7月 11,2018 02:59 PM
  • By 恵理
  • In 住宅

キッチンには欠かすことのできないパントリー。わずかなスペースであっても無駄にせずパントリーとして食材をストックするスペースを確保しておきたいものです。キッチンスペースの広さに余裕がある場合は、ウォークインタイプのパントリーを設けておくとよりキッチンをスッキリと、また便利なスペースとして活躍してくれるのです。

キッチンとパントリーの境には建具を設けずアーチ状の垂れ壁で空間と空間を繋ぎます。建具を設けていないので、物の出し入れの際に扉を開け閉めするというワンアクションがなくなり動作のスムーズさが高まります。パントリー入って片側には可動オープン棚を設けます。浅型の棚と奥行のある棚を設けて、収納するものに合わせて棚を使い分けるのです。

浅型には調味料などのストックを賞味期限が目に入るように並べておけば、奥にしまい込んでしまい、いざ使う時には賞味期限が切れていたというようなことを避けられます。
奥行のある棚には調理器具などを整理しておくのです。下部には分別ゴミ箱を並べて整理しておきます。

そして、反対側には作業スペースとして重宝するカウンターを設けておきます。ここで家計簿をつけたり、レシピの検索をしたり、子ども達の宿題をチェックしたり、スケジュール管理をしたりとデスクワークをするスペースとして活躍させます。正面にはホワイトボードを設け、重要なプリントがきちんと目に入るようにしておきます。プリントを掲示してもリビングからは目に入らないため生活感を感じさせません。パントリーに勝手口を設け、外との繋がりを持たせれば、ゴミを捨てやすくなったり、買い物の荷物を搬入したりできるのでより利用しやすいパントリーとなるのです。


RSS Feeds

Your Ads Here
Promote your products