不動産知識

素人目線の不動産知識<アパート・一軒家・防犯>

リビングこそ収納が大事

  • 火曜日 9月 4,2018 02:27 PM
  • By 恵理
  • In 住宅

家族が長時間過ごすリビングには物が集まってきやすいです。しかし、リビングの収納は意外と見落とされてしまいがちです。物で溢れたリビングは一気に生活感で溢れてしまいますし、快適性を下げてしまいます。集まってくる物をきちんと整理して美しいリビングを保ち、いつでもお客様を迎え入れることができるようにしておきたいものです。

我が家は、リビングの背面にウォークイン型の収納スペースを設けました。収納力が高いのも魅力的ですが、何よりも室内から見えない収納スペースを作ることができたので、見せたくない日用品もきちんと収納しておくことができます。扇風機やヒーター、掃除機などの大きさのある電化製品はもちろん、リビングでパソコンを使用するのでパソコン関連用品や説明書などの書類、爪切りや電池のストック、薬箱と家族みんなで共有するものもここに収納しています。

また、リビングに散らかりやすい子ども達のおもちゃやランドセル、幼稚園グッツなどもここに収納しています。おもちゃやランドセル、幼稚園グッツなど自分達で手の届く位置にロッカー形式で整理しているので、自分の物は自分で片付ける習慣がつき、身支度を行う習慣も身についてきています。そして、一部分にはハンガーパイプを上下二段に分けて設けています。大人用と子ども用の上着を一時置きすることができ、脱ぎっぱなしの上着がいつまでもリビングに散らかることもなくなってきています。急な来客時でも物がサッと片づけられるため非常に重宝しています。リビングこそ収納を充実させておくべきなのです。

  • コメントは受け付けていません。
  • 家族がまとまる収納

    • 火曜日 2月 27,2018 02:53 PM
    • By 恵理
    • In 住宅

    家族をつなぐ棚
    家族のつながりを大切にし、扉が無いオープン棚を使っています。リビングにあるオープン棚の向こうに子ども部屋の扉が垣間見えるのは、帰宅した子が玄関から子ども部屋へ直行しないためのひと工夫です。部屋と部屋を壁で隔てるのではなく、棚で柔らかく区切りながらもつなぐというアイディアです。

    家族とつながる書斎
    書斎専用の部屋を設けるのではなく、リビングの一角に書斎コーナーを作っています。低い窓の横に置かれた低いデスクは、足が入るように掘り下げられ、目線の位置に窓があるから気分転換もはかれます。パパも子供も、こもらない暮らしが家族のコミュニケーションを深めます。

    ほどほどの広さ
    子ども部屋の居心地は、良すぎず悪すぎずのさじ加減が大事です。年齢に応じて自分の持ち物を管理できるような収納があり、そして寝ること勉強することができる場所でなければなりません。クローゼットにはパイプだけ設置し、あとは自分で工夫させます。親は子供が必要とする引き出しやラックを用意するだけです。

    オープンロフト
    子ども部屋の梯子をのぼるとスノコ床があり、もう一つの子ども部屋とリビングダイニングにもつながっています。高さのある傾斜天井から生まれたボーナス・スペースで、部屋同士のつながり方が、家族の一体感を高めます。

    オープンキッチン
    ダイニングから見える壁面には、隠す収納と見せる収納があります。キッチンの手元は程よく隠され、天井が高く、光と風をふんだんに取り入れた室内は、まるでリゾートハウスのような開放感があります。

  • コメントは受け付けていません。
  • リビング収納

    • 水曜日 12月 20,2017 08:44 AM
    • By 恵理
    • In 住宅

    家族が長時間過ごすリビングには物が集まってきやすい空間でもあります。しかし、リビングは本来くつろぐスペースでもあるため、物で溢れてしまうと一気に生活感が出てしまいます。また、家族だけでなくお客様を迎え入れる空間でもあるだけに美しい空間を保ちやすくしておく必要があります。

    そこでリビング収納に注目しましょう。我が家はテレビを設置している壁の裏にウォークインタイプのリビング収納を設けました。この収納スペースへはアーチ状の垂れ壁で繋げ、建具を設けず行き来のスムーズさを確保しました。リビングからは見えない収納スペースを設けたことで、目に触れると生活感を与える日用品などもスッポリと収められています。

    壁一面には棚を造り付けており床から天井まで余すとこなく収納スペースとして利用できています。日用品だけでなく、扇風機やヒーター、掃除機やアイロン台など大きさのある物でもスッポリと収められています。収納する物に合わせて棚の高さを自由に変えられるためデッドスペースを生みにくく、物を効率よく整理できています。子ども達のおもちゃや幼稚園グッツ、成長すればランドセルなどもロッカー形式で整理しています。自分の物は自分で管理する習慣が身に付きます。

    また、説明書や薬、工具など家族みんなで共有するものも収納しています。A4サイズの本や書類を収納できる奥行を確保している部分もあれば浅目の棚を設け、収納している物が一目で分かり、また出し入れがしやすいスペースも設けています。一部分はハンガーパイプを設け、いつも着用する上着を一時置きできるようにしています。リビングではパソコンも使用するためパソコン関連用品など大人が使用する物、子ども達の物、家族みんなで共有する物を全て一か所で管理できているため家族みんなにとって利用しやすいリビング収納となっています。

  • コメントは受け付けていません。
  • 地震に備える収納家具対策

    • 水曜日 10月 25,2017 03:21 PM
    • By 恵理
    • In 住宅

    地震による人的被害は、建物ばかりでなく、家具類の転倒によることも多いといわれています。地盤や家屋の地震対策は大がかりですが、家具の転倒防止や固定する方法は、今すぐ実行できることがあります。

    地震が起こったときには、家財道具によって生命が脅かされます。家具が倒れて下敷きになったり、転倒物によって出入り口がふさがれてしまったりするのです。

    収納家具全般・・・タンスや棚など背の高い家具は、つっぱり棒やL型の金物を使えば、ネジや釘を使わなくても壁や天井にしっかりと固定できます。重ねている場合は、上下をつなぐ金物で連結します。日頃から棚に物を納めるときには、下段に重い物、上段には軽い物をしまうように しておきましょう。更に家具の手前足元と床の間にクサビ状の補助グッズを挟み込むと、前のめりにならず、安定が良くなります。家具の底面に耐震マットを貼っても良いです。また、寝室には背の高い収納家具を置かないようにします。

    本棚・オープン棚・・・木製の本棚ならヒートンを両脇にねじ込み、スチールで棚柱に穴があいているようなら、そこにゴムバンドを通して中身が棚からこぼれ落ちないようにします。棚の上面には重い物や壊れやすい物は置かないようにしましょう。

    収納家具の開き扉・・・収納物が飛び出さないように、ゆれた時にロックがかかる開き扉のストッパーを取り付けます。震度5以上で自動的にロックされ、揺れがおさまると解除されます。

    収納扉のガラス・・・窓ガラス同様、割れてもガラス破片が飛び散らないよう飛散防止フィルムを貼ります。

    冷蔵庫・・・重量のある冷蔵庫も倒れると厄介です。専用の転倒防止用具を使って固定します。

  • コメントは受け付けていません。
  • 壁面収納

    • 水曜日 12月 16,2015 09:30 AM
    • By 恵理
    • In 住宅

    我が家はテレビを設置する壁一面に壁面収納を設けました。テレビの下はテレビ関連用品を置いたり、リビングで使用する小物を収納しておきます。そしてテレビの両サイドはオープン棚として、見せる収納にしました。お気に入りの雑貨を並べたり、家族写真や子どもが描いた絵を飾るには最適の空間です。

    そしてテレビ上部にはキャビネットを設けました。我々夫婦の共通の趣味であるDVDを収納しておくスペースです。たくさんあるDVDを収納する場所に以前から頭を悩ませていました。テレビの上部に設けたキャビネットには、数あるDVDをしっかりと収納できるので、趣味を楽しむ時間もより楽しいと感じられるようになりました。

    リビングのあちらこちらに収納アイテムを置くと、空間に凹凸が生まれ空間が狭く感じがちです。それを一面に集約することで空間がスッキリとまとまりのある印象を与えてくれます。見せる収納部分にはパソコンやパソコン関連用品も収納しています。リビングは家族が長時間過ごすため、物も自然と集まってきます。これらのものを壁面収納ですっきりと片付けることができるのです。床から天井までを有効的に利用することで収納力は増しますし、見せる収納と隠す収納を組み合わせることで空間をスッキリと且つおしゃれに見せてくれるのです。

    ここの収納を充実させたことでリビングに収納アイテムを置く必要がなくなりました。リビングに設置する家電で一番大きいテレビをビルトインさせる形で収納スペースを確保できる壁面収納はおススメです。

  • コメントは受け付けていません。
  • 二世帯住宅の共有スペース

    • 月曜日 8月 3,2015 10:10 AM
    • By 恵理
    • In 住宅

    日本は国土自体が狭く、さらに、住むのに適した低地も限られていますから、市街地では、どうしても購入する土地が狭くなってしまいます。その割には、日本は四季がありますから、衣服にしても靴にしても、季節に合わせて、所有しています。住まいでゆったりと暮らすには、収納を考えなくてはいけません。

    私の先輩が二世帯住宅を新築する時、最初のプランとしては、互いのプライバシーを考えて、完全分離型を考えていました。共有部分がほとんどないということで、どうしても、家族の多い子世帯の居住スペースが狭くなってしまいます。そこで、何度も話し合いをするうちに、これから互いが助け合って生きていくという観点で、完全分離型でなく、無理なく、共有スペースを増やしていくプランに変わってきました。

    玄関とバスルームを共有し、1階にメインのLDKを、2階にミニキッチンとプライベートリビングを作ることにしました。お陰で、思ったよりも玄関スペースが広く取れたので、家族全員の靴や傘などを収納するシューズインクロゼットを作ることにしました。壁面には、オープン棚と扉が付いた棚をつくり、普段履く靴とそれ以外の靴を分けて収納するようにしました。さらに、反対側の壁面には、家族の非常持ち出し袋や子ども達のスポーツ用品や帽子も掛けて収納しています。そこには、乾燥機もつけました。普段は、開けたままにしていますが、締め切ることもできますので、梅雨などの長雨の時期など、濡れた傘や靴やレインコートも綺麗に乾いています。大家族になれば、荷物もかなり増えます。家族それぞれが、きちんと片付けることができますから、玄関土間も玄関ホールもすっきりと片付いています。急な来客があっても、安心です。普段、きちんと収納できていると、自分の靴を把握することもできますし、管理することもできます。玄関土間に脱ぎぱなしということもないので、掃除も簡単にできます。

  • コメントは受け付けていません。
  • 収納力のあるカップボード

    • 金曜日 3月 20,2015 01:05 PM
    • By 恵理
    • In 住宅

    我が家のキッチンにはパントリーを設けません。
    また吊り戸棚も設けないので気になるのがキッチンの収納力です。
    住宅への満足度を高めるのであれば収納に充実していなければなりません。

    キッチンの収納を充実させるために最近主流となってきているのがパントリーです。
    対面式のオープンキッチンが人気のスタイルですが、このスタイルにすると吊り戸棚がないのでその分収納するスペースが減ってしまいます。
    キッチンには収納しておきたいものがたくさんあるだけにキッチンの収納力は家事効率にも影響してくると思います。

    そこで我が家が取り入れたのが収納力のあるカップボードを設けることです。
    対面式キッチンの背面一面に天井にまで広がるカップボードを設けます。
    このカップボードには食器を始め、炊飯器や電子レンジなども収納します。
    そしてパントリーとしての要素も兼ねているのです。
    それだけではなくゴミ箱までビルトインさせるのです。キッチンで必要な物を全て一か所にしまっておけるカップボードは家事効率を高めてくれること間違いありません。

    また炊飯器や電子レンジはキッチンでは欠かせない家電ですが、これらは生活感を感じやすいアイテムです。またゴミ箱がンキッチンスペースに並んでいると圧迫感を与え、見た目にも良くありません。
    それらをきちんとカップボード内に収めることで生活感を感じさせないスッキリとしたキッチンに仕上げることができるのです。

    このカップボードの前には三面すりガラスの扉を設けます。
    しっかりと隠しながらも明るさを感じさせるキッチンとなるのです。
    これならパントリーや吊り戸棚がなくても大丈夫そうです。

  • コメントは受け付けていません。
  • RSS Feeds

    Your Ads Here
    Promote your products