不動産知識

素人目線の不動産知識<アパート・一軒家・防犯>

和室

  • 木曜日 3月 9,2017 10:24 AM
  • By 恵理
  • In 住宅

日本人であるならば和室の居心地の良さは言うまでもありません。しかし、住宅の洋風化が進み、和室が数を少なくしているのも事実です。和室は、一日の疲れを癒してくれ、ゴロンと横になってくつろぐには最適の空間です。子どもが遊ぶスペースとしてもいいのです。おもちゃを落としても音が響くこともありませんし、歩きはじめた子どもがこけても畳なら痛くありません。

居心地のいい和室をさらに快適な空間にするには、音や視線を遮る工夫も忘れてはいけません。隣家を考慮して窓の高さを変えて気になる視線をカットすることでプライバシーを確保でき、快適な空間が広がります。最近ではリビング延長型の和室が設けられることも多いのですが、和室をいざという時は個室としても利用できるように建具でしきれるようにしておくことで、和室の利用の幅が広がりますし、リビングからのテレビの音や喋り声も気にならなくなります。

リビングをより広く見せるために、リビングを20帖以上広めに設け、その一角を和室コーナーとしたり、リビングの延長線上に和室を設けたり、リビングと和室が繋がる間取りにする家庭が増えているのです。和室にまで視線が繋がることで和室で子どもが遊んだり、昼寝をしてもしっかり目が行き届くため安心できます。特に洋風のLDKと畳の和室と異なった異空間が隣接するので、畳を琉球畳などにして和の雰囲気を抑えることで、リビングと開放しても使っても違和感を感じなくさせてくれますし、畳がいいアクセントにもなるのです。和室もだいぶ変化してきているのです。

  • コメントは受け付けていません。
  • 和室の配置

    • 木曜日 6月 9,2016 07:52 AM
    • By 恵理
    • In 住宅

    間取りを決める際に和室をどこに設けるかで悩む人は意外と多いです。和室をどのように活用させるかで間取りも変わってきます。今までは玄関近くに完全独立型の和室が設けられることが多かったです。独立型の和室のいいところは、和室を客間として利用できることです。家族で過ごすリビングを見られたくないお客様が時に家に来ることもあります。このような場合に客間があることで、生活感に溢れたリビングを見られることもありませんし、家族もゆっくりとリビングでくつろいでいることができます。

    また宿泊ルームとして活用する際も、リビングのテレビの音や話し声を気にすることなく、宿泊者にゆっくりと休んでもらうことができます。しかし最近では、リビングに繋がった和室が増えてきました。その理由は、客間としてお通しするお客様が来る機会がほとんどないことが挙げられます。そうすると和室はただの荷物置き場となってしまうだけなのです。リビングに隣接した和室にすることで、和室をリビングの延長として過ごすことができますし、多目的にいろいろな用途で活躍してくれる和室になるのです。

    普段はリビングとの境に設けた建具はオープンにしておけば、よりリビングが広く開放感のある空間が広がります。シーンに合わせて建具で仕切って、和室を個室として利用させることもできるので便利さが増すのです。子どもが昼寝をするスペースとして、遊び場として、家事スペースとして、宿泊ルームとしてなど多目的に使用できる和室があると暮らしがより豊かに感じられることでしょう。和室をどのように利用するかをしっかり考え、間取りを決めましょう。

  • コメントは受け付けていません。
  • 小上がりの和室

    • 金曜日 2月 26,2016 01:42 PM
    • By 恵理
    • In 住宅

    私は和室を設けるなら断然小上がりの和室がいいなと思っています。最近ではリビングの一角に和室を設けたり、リビングの延長上に和室を設ける間取りが人気となっています。洋風リビングと畳の和の空間が広がるのでそれぞれの空間に違和感を感じないようにするためにも高低差をつけるといいのです。畳の和室を小上がりにすることで、洋風の空間から違和感なく和室が広がります。空間的な広がりは損なうことなく、空間にきちんとメリハリを付けることができます。

    普段は建具で区切らずリビングの延長として和室を多目的に使用で、便利な空間となるのです。小上がりにすることで畳の下に収納スペースを設けることができます。リビングと隣接しているため、リビングで使用する物を収納しておくこともできますし、和室で利用するものを収納しておくこともできるのです。家造りではバリアフリー化が求められている中、和室を小上がりにすることで時代に反したような空間のようにも感じますが、これは高齢者にとっても暮らしやすい空間となるのです。

    足腰が弱ってきた高齢者にとって正座をすることは困難なことなのです。また地べたに座りこむと立ち上がる、体に大きな負担がかかったり、人の手を借りなければ立ち上がることができないこともあります。このような高齢者にとって小上がりの和室は腰を下ろしやすい和の空間となるのです。腰を下ろしてそのまま体を倒して休むこともできます。そして立ち上がる時も高さがあることでスムーズに立ちあがれるのです。段差があることで高齢者にとっても居心地のいい和の空間が広がるのです。小上がりの和室には魅力がたくさんあると改めて感じました。

  • コメントは受け付けていません。
  • 和室のあり方を考える

    • 月曜日 5月 4,2015 01:29 PM
    • By 恵理
    • In 住宅

    和室を客間として考える人は少なくなってきました。
    自分の生活を見返してもリビングではなく客間に人を迎える機会はほとんどなくなってきました。
    このことを考えると和室は客間としてではなく、自分達の暮らしの中に自然と馴染む和室が求められていると思います。

    また純和風の住宅は数を少なくし、洋風やモダンな住宅が増えてきました。洋風やモダンな住宅にも和室が違和感なく溶け込めるようにしておきたいものです。
    人気のスタイルとしてリビングの延長上に和室を設けたり、LDKと隣接した和室を設けています。
    洋風のリビングと和室を自然に繋ぐには小上がりの和室にして緩やかにゾーニングしたり、床から浮かせた吊り押入れにしたり、床の間を現代風の和のオシャレな空間にするのもいいでしょう。
    従来のような客間を思わせる和室ではなく、暮らしに密接した使い勝手のいい和室にしたいと私は思います。

    そんな我が家も新築住宅を建てることになり、間取りを考えています。リビングの延長上に和室を設けます。
    この和室はリビングと繋がっていますし、またウッドデッキへとも繋がっています。リビングから庭に向かいウッドデッキを設ける予定です。
    ウッドデッキを中心にリビングと和室を繋いでいる形は家族の繋がりをより感じられる家になりそうだと思います。
    我が家のように家族の繋がりを住宅に求める人は多いと思います。
    和室のあり方もこれからますます重要になってくると思います。
    和室の居心地の良さはフローリングにはないだけに和室の大事にしたいものです。

  • コメントは受け付けていません。
  • Your Ads Here
    Promote your products