不動産知識

素人目線の不動産知識<アパート・一軒家・防犯>

健康で暮らせる家

  • 土曜日 5月 7,2016 01:59 PM
  • By 恵理
  • In 住宅

最近はシックハウス症候群で悩んでいる人も多いと聞きます。せっかく建てたマイホームが家族の健康を害してしまうような家では意味がありません。家族が健康で暮らせる家にするのは最低限必要なことだと思います。コストを優先する余り化学物質を含有した建材を使用することもあります。住宅の高気密・高断熱化を追求するあまり化学物質を含有した建材があるのも事実です。

我が家は住宅の質を落とすことなく、家族が健康で暮らせるように住宅に使用する建材にこだわった家造りをしようと思っています。まず肌が直接触れる床は無垢材を使用しようと思います。無垢材を使用することで肌触りのいい家になります。合板フローリングだと夏はベタッとした感触ですし、冬は冷たくて裸足で歩くことはできません。それに比べ無垢材の床にすることで夏はサラッとした肌触りで、冬でもヒヤッとした感触がないので裸足で歩きたくなる家になるのです。

また本来の木の温かみを感じられ、木目が眺めるだけで癒し効果が得られるような気がします。木は調湿作用があるので室内の湿気が多い時には水分を吸収してくれ、逆に冬などの乾燥時期には水分を放出してくれるのです。一年を通して室内を快適な空間へ導いてくれるのです。

同じ作用を持っているのが漆喰壁です。漆喰壁にすることで冬場の窓の結露対策としても有効と聞きました。現在住んでいる家は窓の結露が激しく、ひどい時は床がびちょびちょになるほどです。結露のお手入れを怠るとカーテンにカビが生えたりと衛生的にも良くありません。健康で暮らせる家にするには漆喰壁もいいなと思っています。しかし素材にこだわることで割高になってしまうのも事実です。使用する面積は予算に応じて取り入れるようにしたり、工夫することで家族の健康を維持しつつ、予算内で満足できる家になると思います。

  • コメントは受け付けていません。
  • 素材にこだわった家造り

    • 月曜日 1月 25,2016 02:31 PM
    • By 恵理
    • In 住宅

    我が家のマイホームをようやく完成しました。この住宅では使用する素材にこだわりました。自然素材のやさしさに包まれて健康に暮らせる家を実現させたかったのです。最近ではハウスシック症候群という言葉もよく耳にします。人体に悪影響を与える化学物質を含有した建材も多く出回っています。せっかく建てたマイホームがそこで暮らす人の健康を脅かすような家では意味がありません。

    そこで床材や柱、階段にいたるまで地元を杉を使用しました。地元の気を使用することで木材利用ポイントの補助金もあり家造りを財政面でバックアップしてくれるのです。床は浮造りにしました。柔らかい部分を磨きながら削ぎ落として木目を浮き上がらせ、見た目にも美しく、肌触りのいい床に仕上がっています。床は肌が直接触れる部分でもあるだけに触感を大切にしたかったのです。

    無垢材は木の本来の温かみを感じられ、木目の美しさを眺めているだけで癒しの効果が得られます。あえて塗装をせずに木の香りを楽しめるようにもしました。気を付けなくてはいけないのが、杉は柔らかく傷に弱いことと、塗装をしていないので水にも弱いです。また日焼けにも注意しておく必要があります。しっかりメンテナンスを行うことでこれらのデメリットを解消できるのです。

    そして壁は漆喰にしました。漆喰は調湿効果に優れています。室内の水分が多いと吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれます。一年を通して室内の環境を快適にしてくれるのです。そして人体に悪影響を与えると言われているホルムアルデヒドを吸着してくれる働きもあります。家族の健康を守るには最適の素材と言えるのです。素材にこだわったことで快適な暮らしと家族の健康を維持できる家になりました。

  • コメントは受け付けていません。
  • 天然素材の家

    • 水曜日 6月 10,2015 10:14 AM
    • By 恵理
    • In 住宅

    我が家の新築住宅では使用する建材にこだわりました。いい素材を取り入れることで住宅を長く住み続けることができますし、家族が健康で暮らせる家になります。

    まず床です。床は地元の杉を使用した無垢材の床です。床は肌が直接触れる部分でもあるのでその触感というのも大事にしました。杉の浮造りの床は足つぼ効果が得られるのです。合板のフローリングは夏はベタッと張り付いたような触感で、冬は冷たくて裸足で歩くことはできません。

    しかし無垢材の床にすることで夏はサラッとした肌触りで、冬でもヒヤッと冷たい印象がないので裸足で歩きたくなるほどです。また無垢材の床は木の本来の木目を目で見て楽しむことができます。温かみを感じられる木目が癒し効果に繋がることでしょう。また住み続けるほど味わい深さを増す無垢材の床は、経年変化を楽しめる家になるのです。無垢材の床は断熱効果も高いのです。

    そして壁は漆喰壁にします。この漆喰壁は調湿効果に優れています。室内の水分が多いと水分を吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれます。窓の結露対策としても有効と言われています。また室内の嫌な臭いを吸着してくれる効果もあります。それだけでなく人体に悪影響を与えると言われているホルムアルデヒドを吸着する働きもあるのです。

    このように素材にこだわった家にすることで少々割高にはなりますが、家族が笑顔で健康で暮らせる家になるのです。コストを優先するばかりでなく素材にも目を向けて家造りを進めていきたいものです。

  • コメントは受け付けていません。
  • Your Ads Here
    Promote your products